アイ・メッセージとは、自分を大切にするキーワード

アイ・メッセージとは、私・メッセージ。この言葉を知ったのは、3年前の42歳の時だった。

岡部明美さん(みんなは愛を込めて、あけみちゃんと呼ぶ)のLPL養成講座 13期に参加したときだった。

この講座は、あけみちゃんが長年学んだ沢山の心理学をベースとし、自分自身の、人間の全方向の成長と、感性を磨く7ヶ月の講座であり、何かを教えてもらって取り入れるのでなく、自分自身の内側にある真実を感じることへOKを出して、大人になるつれて忘れたり、なかったことにしている、本来は自分が持っている感性を取り戻す体験から、自分のいのちが喜ぶ生き方を選択できるようになり、その結果、周りの人も喜ぶ世界が広がる道に繋がっていくのを体験した。

この講座がスタートしたときに、相手へ感じたことを伝えるときには、

私を主語にして、自分の気持ちを伝える「アイ・メッセージ」のコミュニケーションがあると説明を聞いて、衝撃を受けた。

なぜなら、相手のことを考えて、相手に伝えるのがコミュニケーションだと、40ウン年の人生で、思っていたからだ。

他人のためにどうすれば、良いのか。これを中心に考えて、自分のことは放ったらかしにするのが、大人だと持っていた。

これは大きな勘違いだった。

自分を放置せず、自分はどう感じるのか、自分を大切にすることを、それまでの人生では、やっていなかった。(なぜ、そうなったのか、その理由もLPL養成講座の中で気づくのだが、今日は、なぜ、そうなのか、この部分は一旦おいて置く)

自分を感じることが、自分を大切にすること。

自分の感じたことを相手に伝えるのは、相手を軽く扱っていないこと、自分を大切にするから、相手も大切にできることに、気づけた42歳だった。

公式LINE

公式LINEにて、不定期ながら、毎月数枠 モニターセッション(5,000円 2時間)をスケジュール案内を行い、募集します。僕の都合の良い時間に合わせていただく形のモニターセッションです。日常の中でカウンセリングの視点からの"気づき"を公式LINEにて語ります。ぜひ、ご登録ください。

友だち追加